秘書関連の情報を収集してます


by o26aefrhug

<   2010年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 民主党は15日の常任幹事会で、小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる政治資金規正法違反の罪で起訴された小沢氏の元秘書の衆院議員、石川知裕(ともひろ)被告の離党を承認した。

 除籍などの処分は見送った。異論は出なかったという。石川議員は11日に離党届を出していた。

【関連記事】
献金は「政党シンクタンク」に 経済同友会、企業献金の原則禁止を提言
北海道教組から民主・小林議員側へ1000万円超の裏金か 札幌地検が捜査
虚偽記載 小沢氏、政倫審への出席拒否
沈黙守る民主党、回答率わずか9% 党執行部が厳しい圧力
「政治とカネ」小沢氏の対応不十分は75% 「外国人参政権」は民主内にも反対論

社民・福島氏、グアム案捨てず「粘り強くやっていく」(産経新聞)
逃亡の会計士、韓国から移送され逮捕 GWG企業買収の脱税容疑(産経新聞)
窃盗 カーナビ被害件数、過去最多に 高級車盗も大幅増加(毎日新聞)
舛添氏 著書で首相の座狙う!必要な能力持つよう努力(スポーツ報知)
<業務上横領>容疑のノリタケ子会社元社員を逮捕 愛知県警(毎日新聞)
[PR]
by o26aefrhug | 2010-02-16 13:18
 キリンホールディングスとサントリーホールディングスは8日、統合交渉を打ち切ることで合意した。最大の争点だった統合比率について主張が対立し、溝が埋まる見通しが立たないためだ。
 少子高齢化で国内市場が縮小する中、両社は統合による規模の拡大で強固な収益基盤を築き、成長が見込める海外市場の開拓や企業の合併・買収(M&A)に力を注ぐ方針だった。著名な有力企業同士の超大型再編として話題を集めたが、昨年7月に交渉の事実が判明してから半年余りで決裂という結末に終わった。
 両社は昨年11月下旬、金融機関による資産査定の結果を踏まえて統合比率の案を提示し合った。その際、キリンはキリン1対サントリー0.5程度という案を出したが、当初から「対等」に近い水準を希望していたサントリーは1対0.9程度を主張し、激しく反発した。
 キリンはその後、サントリー株の9割を持つ創業家が新会社の株式の3分の1超を取れる1対0.6〜0.7程度まで譲歩したものの、さらに上積みを求めるサントリーは納得せず、互いに妥協点を見いだすことができなくなっていた。 

退役「しらせ」、環境基地に=海自横須賀基地を出港(時事通信)
<時をかける少女>視覚障害者向けに音声ガイダンス 新宿ピカデリーなどで(毎日新聞)
<マンション火災>1人暮らしの50歳女性死亡 名古屋(毎日新聞)
<参院選>自民、衆院落選組をくら替え 比例票上積みに期待(毎日新聞)
「介護に役立てて」80代夫妻、地元に2億円寄付(読売新聞)
[PR]
by o26aefrhug | 2010-02-15 12:38