秘書関連の情報を収集してます


by o26aefrhug

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 熊本市植木町の植木文化センターで9日、持ち込まれた砲弾を巡ってセンターが一時閉鎖される騒ぎがあった。

 砲弾は長さ約30センチ、直径約6センチ。宇土市の男性が8日午前、「西南戦争当時の砲弾を寄贈したい」とセンターに持ち込んだ。センターは「当時の砲弾なら爆発の恐れはない」と判断し、専門知識を持つ学芸員が出勤してくる9日まで、1階会議室で保管した。

 9日、学芸員が調べたところ、西南戦争以降のもので不発弾の恐れもあるとして急きょ、センターを閉鎖。その後、山鹿署や自衛隊が調査し、約50分後に解除された。砲弾は自衛隊が回収し、旧日本軍の不発弾だったことがわかった。

 市によると、男性は数十年前、知人から砲弾を譲り受けたという。市は「対応は適切だったと考えている」と話している。

鳩山政権を真摯に反省、新たな出発…枝野幹事長(読売新聞)
早期終息、再建に全力=菅首相、口蹄疫対策で宮崎入り(時事通信)
九州北部と山口が梅雨入り 平年より7日遅く(産経新聞)
“ショタ”サイト活発化で警察当局が本腰 歪んだ性に走るマニアたちの告白(産経新聞)
全員参加か 抽出か 学テ再検討会議が初会合(産経新聞)
[PR]
by o26aefrhug | 2010-06-15 19:31
 宮崎県の口蹄疫問題について、赤松広隆農相は28日の閣議後会見で、30日に発生後2度目となる宮崎入りを予定していることを明らかにした。

 赤松農相は、新たな感染疑いの確認が27日は3件となるなど少なくなってきたとして、「ワクチン接種の効果が表れてきているだろうなと思っている」と述べた。一方、殺処分した家畜の埋却地として航空自衛隊新田原基地(同県新富町)で4ヘクタールの土地を使用する手続きが進んでいることを明らかにした。豚2万頭を埋められるという。【佐藤浩】

【関連ニュース】
口蹄疫:対策特別措置法案が衆院通過 28日成立へ
口蹄疫:特措法成立へ 処分費用は国負担…民自公合意
口蹄疫:九州地方知事会が対策の強化・充実を要望
口蹄疫:熊本もブランド牛の種牛など移動 分散管理へ
闘牛:口蹄疫の影響で「牛の角突き」中止 新潟・小千谷

高額報酬請求の弁護士処分=三菱タイヤ脱落事故訴訟で―横浜弁護士会(時事通信)
自衛隊の海外派遣 自民が一般法提出(産経新聞)
<シンシアの丘>介助犬の存在さらに発信へ 開所1周年式典(毎日新聞)
「首相は辞任を」53%、内閣支持率続落19% 世論調査(産経新聞)
<一家3人殺害>起訴の男 長野の男性死体遺棄も関与(毎日新聞)
[PR]
by o26aefrhug | 2010-06-04 11:07